はじめに

背中やひじの皮膚が赤く乾燥していて
ボロボロ取れてしまう

皮膚の一部が突然白く抜けている

手の平に赤いブツブツができてかゆい

ついつい諦めがちな皮膚トラブル。
諦めないで相談してみませんか?

最近では
指先や、手、肘やひざなど
症例の出ている部分のみを
効果的に治療できるようになりました。

中波紫外線療法は尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などの病気に安全で有効な新しい治療法です。

治りにくい皮膚の病気に有効な「中波紫外線療法」についてご案内します

目 次

  • 皮膚病に行われる主な治療法
  • こんな症状でお悩みはありませんか?
    尋常性乾癬
    尋常性白斑
    掌蹠膿疱症
    アトピー性皮膚炎
    円形脱毛症
  • 最新の中波紫外線治療器
    「308エキシマーシステム」とは?
  • 「308エキシマーシステム」を使用した
    「中波紫外線療法」の治療の流れ
  • 「中波紫外線療法」Q&A
本ページは診断を目的としたものではなく
「中波紫外線療法」を分かりやすく説明したページになります。
症例に対する診断は必ず医師に従ってください。

皮膚病に行われる
主な治療療法

皮膚病に行われる主な治療療法

皮膚の疾患は非常に多岐にわたり
その症状により治療方法も変わります。
ここでは、その中で代表的なものを
3つご紹介します。

外科用治療

患部に直接薬を塗る

内服療法

薬を飲み内側から皮膚の炎症を抑える

光線治療

部分もしくは全身に紫外線などの
光線をあて、疾患を治療する

また、これらを複合させて行う方法として
併用療法もあります。

この中でも、 光線療法は近年小型化が進み
診療所で治療できるようになるなど
より身近な治療法になってきています。

こんな症状で
お悩みではありませんか?

皮膚の病気はかゆみや痛みなどの
症状以外にも、見た目を気にして
しまうなど病気本来の症状に留ま
らず、患者さんを苦しめてしまう
事があります。

そのような皮膚病の中でも
「光」を使った新しい治療法
中波紫外線療法が有効な

尋常性乾癬
尋常性白斑
掌蹠膿疱症
アトピー性皮膚炎
円形脱毛症

とは、どのような病気でしょうか?

こんな症状でお悩みではありませんか?
尋常性乾癬

症状

手や背中・足などの皮膚が赤くなって盛り上がり、表面が乾燥したような状態になりひび割れ、その一部がボロボロとはがれ落ちる。

尋常性乾癬は戦後より延年増加傾向にあり近年、特に増加しています。
乾癬の症状は皮膚が赤く腫れ、表皮が乾燥したような状態になりひび割れ、角質がはがれ落ち、時にはかゆみを伴い、出血する場合もあります。
尋常性乾癬の根本的な原因は解明されていませんが決して伝染するものではなく、発症原因としてはストレスなどの環境要因と、遺伝によるものと言われており、大人になってから発症する場合もあります。

尋常性白斑

症状

突然皮膚の色が抜け、白い斑点ができる。 初めは指の先ほどの小さな白い斑点(白斑)が2~3個、次第に数が増え、範囲が拡がっていく。

尋常性白斑は境界明瞭な完全脱色素斑です。
木の葉状、類円系のものから不規則な地図状を示すものまで様々で、毛髪のある部分に発生するとその部分は白髪になります。
大きく分けて3つのタイプがあります。

タイプ1 全身に左右対称性に現れる
タイプ2 部分的に1か所~数か所現れる
タイプ3 皮膚の神経に沿って現れる

尋常性白斑の根本的原因は未だ解明されていませんが、何らかのストレスが引き金になり免疫細胞が自分自身の色素細胞(メラノサイト)を異物と誤って認識して攻撃し、色素細胞が破壊されてしまうために色が抜けてしまうのではないかと考えられています。

掌蹠膿疱症

症状

手の平や足の裏に小さな水ぶくれができ膿になる。かゆみを伴い、赤くカサカサする。皮膚がむける症状が良くなったり悪くなったりする。

掌蹠膿疱症は膿が溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手の平(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気です。
出始めにはかゆみを伴うこともあり、症状は周期的に良くなったり悪くなったりを繰り返します。
足と手の他にスネや膝にも皮疹が出ることがあります。伝染することはありません。
根本的な原因はまだ解明されていませんが、細菌感染や歯科金属に対するアレルギーが引き金となる場合もあるようです。
また、鎖骨や頸椎(けいつい)の骨髄炎を伴うことがあります。

アトピー性皮膚炎

症状

ハウスダストや食物に対してアレルギーを起こしやすい。アレルゲン体質の方がなる慢性的な湿疹皮膚炎であり、汗やストレスにより容易にアレルギー反応が起こる。

アトピー性皮膚炎は身体がある物質に免疫的に過剰に反応し、特定の症状が起こるアレルギー性皮疹です。
皮膚のかゆみのために無意識に掻きむしってしまい幹部の炎症が悪化し、細菌感染を起こしたり、皮膚を掻き壊したりしてしまいます。
結果的に、皮膚のバリア機能が低下し、皮膚表面はジュクジュクとした湿疹状になったり、また逆に、カサカサと白く乾燥して厚くなったりします。
アトピー性皮膚炎の原因は非常に複雑です。
「もともと遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質」「アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)が周囲にある」「ストレス」などといった要因が絡み合うことで発症すると考えられています。

円形脱毛症

症状

ある日突然、部分的な脱毛斑ができる。円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生し、次第に拡大していく。

円形脱毛症は、誰でも発症する可能性のある病気です。自覚症状の無いことが多く、ある日突然、頭にコイン大の脱毛斑があることに気づきます。
円形脱毛症の症状はさまざまで、円形の脱毛斑がひとつできるケースから、頭髪全体が抜けるケース、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、全身の毛が抜けるケースもあります。
根本的な原因はまだ全解明されていませんが、遺伝的要素、ストレス、内分泌異常などが挙げられており、中でも現在最も有力なのは自己免疫疾患説となっています。自己免疫疾患説とは、外部からの侵入物を攻撃する免疫機能が何らかの要因で異常をきたし、体内の一部を異物とみなして攻撃することを言います。

※円形脱毛症の治療は自費で行われる場合があります。
 治療についての詳細は医師にご相談ください。

最新の中波紫外線治療器
「308エキシマーシステム」とは?

最新の中波紫外線治療器「308エキシマーシステム」とは?

紫外線療法は

紫外線の「免疫の働きを調節する作用」を利用した治療方法で紫外線を発生させるランプを使用し皮疹に直接照射します。
「308エキシマーシステム」は紫外線の中でも308nm(ナノメートル ※10億分の1メートル)の波長のみを照射する最新の紫外線治療器です。
308nmの波長は従来の紫外線治療器が採用している波長よりも治療効果が高く体への影響が少ない紫外線のひとつです。

308エキシマーシステムは

コンパクトな装置なので患部にのみ紫外線を照射できます。
そのため従来の大型の治療機器のように全身の健常な皮膚にまで紫外線を照射することが無く、より強い光を患部だけに安全かつ効果的に照射し治療することができます。

最新の中波紫外線治療器「308エキシマーシステム」とは?

308エキシマーシステムを使用した
「中波紫外線療法」の治療の流れ

308エキシマーシステムを使用した「中波紫外線療法」の治療の流れ

「中波紫外線療法」
Q&A

「中波紫外線療法」Q&A