PALLAS -パラス-

光線療法の新たな選択肢 紫外線レーザー「パラス」

パラスは311nmの紫外線波長帯のレーザー光を照射できる世界初で唯一のチタンサファイアレーザーです*1。
311nmの波長特性とレーザー光による高輝度照射により、白斑などの難治性病変に対して新たな治療選択肢を提供します。

*1 2020年12月時点 自社調べ

特徴

  1. エキシマレーザーよりも紅斑反応が出にくく、治療後の紅斑が目立たちません。
  2. レーザー光による高輝度の照射、短い照射時間で施術時間の短縮に貢献します。
  3. 高額な消耗品を必要としない独自の設計により、導入後のメンテナンス費用の低減に大きく寄与します。
  4. コンパクトなデザインで院内でも場所を取りません。

比較

適応症例

  • 尋常性乾癬 
  • 類乾癬 
  • 尋常性白斑 
  • 悪性リンパ腫
  • 掌蹠膿疱症
  • アトピー性皮膚炎
  • 菌状息肉症
  • 慢性苔癬状粃糠疹
  • 円形脱毛症

※保険適応外: 結節性痒疹・異汗性湿疹・扁平苔癬

パラス装置仕様

一般的名称チタンサファイアレーザ
販売名パラス
クラス分類クラスⅢ 高度管理医療機器・特定保守管理医療機器・設置管理医療機器
医療機器承認番号30200BZX00385000
光源フラッシュランプ励起
波長311nm
パルスエネルギー5mJ/パルス
スポットサイズ12×12mm(1.44㎠)
繰り返し周波数100Hz
電気定格AC200V 50/60Hz 1.8kVA
寸法298(W)×819(D)×936(H)mm
重量80kg
付属品セット内容ハンドピース×1 フットスイッチ×1 電源コード×1 保護めがね×2

処置

皮膚科処置

J054 皮膚科光線療法(1日につき)

  1. 赤外線又は紫外線療法
  2. 長波紫外線又は中波紫外線療法(概ね290ナノメートル以上315ナノメートル以下のもの
  3. 中波紫外線療法(308ナノメートル以上313ナノメートル以下に限定したもの)340点

(令2年診療報酬点数表による)

1.医科 新たな保険適用 区分A3(特定包括)(特定の診療報酬項目において包括的に評価されているもの(留意事項等の変更を伴う))
保険適用開始年月日: 令和3年7月1日

薬事法承認番号: 30200BZX00385000
販売名:パラス
特定診療報酬算定医療機器の区分: 光線治療器(II)

資料請求や製品に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せください
資料請求や製品に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せください

中波紫外線治療が受けられる施設